のたりのたりと

毎日を気楽にのんびり生きたい主婦が綴る育児のこと、おすすめのもの、子連れお出かけ情報

恐竜大好き2歳児と行く 福井県立恐竜博物館体験記

こんにちは。カラナシです。

先日福井に一泊して念願の恐竜博物館に行ってきました!

恐竜大好きな娘。今までにディノアドベンチャー名古屋(その時の記事はこちら)、国立科学博物館(総合的な博物館だが恐竜の化石が充実)と連れて行きましたが、いよいよ世界3大恐竜博物館の1つ、福井県立恐竜博物館へ。娘はずっと前から楽しみにしていました。

 

福井県立恐竜博物館とは

福井県勝山市にあるかつやま恐竜の森(長尾山総合公園)の中にある恐竜をテーマとした博物館です。恐竜の全身骨格が44体もある他、地球の科学や生命の歴史についても学べる施設となっています。勝山市は日本有数の恐竜化石の産地らしいですよ。

www.dinosaur.pref.fukui.jp

 

それから、今回は行かなかったのですが、博物館発の専用バスで行く野外恐竜博物館という所もあるそうです。予約制のツアーで、化石の発掘現場を見学したり、発掘体験も出来るそうです。

www.dinosaur.pref.fukui.jp

 

 

まずは勝山市の本町通り商店街にあるお店で腹ごしらえ

勝山市には昼頃到着したので、まずは食事を済ませることにしました。博物館内にもレストランはあるけれど3連休で混んでそうなので、適当に車を走らせ店を探すことに。けれど、勝山市中心部に向かっても、駐車場が大きくて入りやすそうな店があまり見つからないのです。

結局、勝山市中心部の本町通り商店街の一角にある「おいしい、ちよ鶴」という店を見つけて入りました。商店街を利用する人が無料で停められる駐車場が近くにあったのでそこを利用しました。

chiyozuru.wixsite.com

 

福井県勝山市の本町通り商店街

ここの商店街、昔ながらの建物が多く、いい雰囲気の所でした。暑さのためか、人がほとんど歩いていなかったけれど。真夏じゃなくて時間があれば、ゆっくり散策してみたかったな。 

博物館付近の店で昼食を取ろうと思っている方は、予め店を調べておいたほうがいいと思います。博物館がある「かつやま恐竜の森」にもいくつか売店があるので、そちらで食べるのもいいかもしれません。

 

恐竜に会いに博物館に向かいます

ご飯を食べたらいよいよ恐竜に会いに向かいます。

 

福井県立恐竜博物館に行く途中にある巨大な恐竜の像

博物館に向かう途中、車から大きな恐竜の像が見えました。

 

福井県立恐竜博物館の外観

博物館はドーム状の屋根が特徴的で遠くからでも目立ちます。

 

福井県立恐竜博物館の入り口近くにあった恐竜のぼり

入り口近くで鯉のぼりらしきものを発見。何故夏に…?と思ってよく見ると、「恐竜のぼり」でした。芸が細かい。

 

館内には巨大な恐竜の全身骨格やジオラマがずらり

福井県立恐竜博物館に入ってすぐの地下へ向かう長いエスカレーター

中に入ると全フロア見渡せる長いエスカレーターで地下に進みます。長いエスカレーターを見ると妙にテンションが上がるのは私だけでしょうか。

 

福井県立恐竜博物館の恐竜の化石の全身骨格

暗い通路を抜けると広い展示室があり、たくさんの恐竜の全身骨格が並んでいます。

 

福井県立恐竜博物館の化石の展示物

なんだか今にも動き出しそう。

 

福井県立恐竜博物館の動くティラノサウルスのロボット

ティラノサウルスのロボット。肌の質感とか動きがリアル。娘が怯えないように前もって「博物館には動く恐竜さんがいるけど、お人形だから怖くないんだよ」と言っておいたので、泣かずに楽しめることができました。けれど、周りには怯える子どもがちらほらと……。

 

福井県立恐竜博物館のティラノサウルスのロボットと展示パネル

全身骨格の他に、恐竜について学べるパネルも充実。

 

福井県立恐竜博物館の首の長い恐竜の実寸大ジオラマ

実物大のジオラマ。首長すぎやしないかい?脳貧血になったり、食道の途中で食べ物が詰まったりしないのだろうか……。

 

天井が高くて広いホールに巨大な恐竜の全身骨格がたくさんあり、とても見応えがありました。照明もなんだかおしゃれで恐竜達が生き生きして見えました。博物館って昔は地味ーな印象だったけれど、最近はデザインにも凝っていますね。

映像やパネル、古代生物についての展示も数多くあり、大人も楽しめます。ただ、テンションの上がった娘が動き回るので、ゆっくり見る暇がなかったのが残念。まあ、娘が喜んでくれたからいいか。

 

ミュージアムショップは恐竜グッズが充実、ただ狭いのが難点

博物館内を見た後はミュージアムショップへ。恐竜グッズって普通のおもちゃ屋さんにはあまり置いてないので、たくさん見られたのが嬉しい。娘には福井県のマスコットキャラクター、フクイティタンのティッチーのぬいぐるみを買ってあげました。

けれど、店内は狭くて混雑していたので見て回るのが少々大変でした。来場者の多さに対して店の広さが合っていないような……。ベビーカーで入るのは難しいかも。博物館自体は広々としていてそこまで混雑を感じなかったのですが。

 

かつやま恐竜の森には他にも恐竜関連の施設がたくさん

私は恐竜博物館のことばかり下調べしており知らなかったのですが、博物館のある「かつやま恐竜の森」にはたくさんの施設がありました。

 

かつやま恐竜の森のチャマゴン広場にある恐竜の滑り台

博物館のそばのチャマゴン広場という所には、恐竜が口を開けて待っている滑り台が。娘と一緒に滑ろうとしたら、怖がって拒否されてしまいました。残念。滑ったら恐竜の口の中に吸い込まれて行く感覚を味わえたかも。

それから、ジオターミナルという飲食コーナーや授乳室が入った建物があり、そこでかき氷や飲み物を買って休憩。お土産屋もありました。博物館のミュージアムショップより広くて人が少なかったので、こちらの方がゆっくり買い物できたかも。

その他、時間がなくて行かなかったけれど

  • 恐竜の大型遊具がある「ティラノサウルス広場」
  • 恐竜の化石の発掘体験ができる「どきどき恐竜発掘ランド」
  • 屋外の森で動く恐竜のロボットを見て回る「かつやまディノパーク」

等があるそうです。これでもか!という程の恐竜づくし。1日では遊びきれないですね。行きたかったなー。恐竜の遊具なんて娘大喜びだろうにな。7月の猛暑日だったので、外遊びは難しかったですけどね。近くに住んでいる人が羨ましい……。

恐竜博物館に行く方は、事前にかつやま恐竜の森の公式サイトもチェックすることをおすすめします。

kyoryunomori.net

 

おまけ、福井駅前にも恐竜がいました

その日は福井市内に宿泊したので、夕方福井駅周辺を散歩しました。

すると、駅前にも恐竜が!

 

福井駅の壁面に描かれた恐竜と恐竜ロボット

駅の建物壁面には巨大な恐竜の絵。手前は動く恐竜たちのロボットです。さすが恐竜王国福井。

 

福井の町と恐竜

福井の街に恐竜現る!みたいな写真が撮れました。

そんなこんなで恐竜いっぱいの楽しい旅でした。