のたりのたりと

毎日を気楽にのんびり生きたい主婦が綴る育児のこと、おすすめのもの、子連れお出かけ情報

地震に備えて我が家の非常用持ち出し袋と備蓄品を再点検してみました

大阪で大きな地震がありましたね。被害に遭われた方へお見舞いを申し上げます。自分が住んでいる所もいつ大きな地震があるか分かりません。普段から備えをしなければと思いました。

www.kantei.go.jp

こちらのページを参考に、取り急ぎ我が家の地震対策の見直しをしてみました。

 

非常用持ち出し袋を再点検

私は大きめのリュックに着替えや衛生用品、少々の水や食料を入れて、非常用持ち出し袋にしています。久しぶりに開けてみたら子どものオムツがサイズアウトしていたり、非常食代わりのお菓子の賞味期限が切れていたり。定期的に中身を点検しなければと思いました。

それに上記サイトを見るとまだまだ足りないものが。

  • ラジオ
  • 懐中電灯
  • 電池
  • 携帯の充電器
  • 軍手
  • ポータブルトイレ ……

今回の地震で品薄だったり、もっと必要に迫られている人がいると思うので、時期を空けて少しずつ買い揃えていこうと思います。

 

備蓄品の見直し

普段食べているものを災害用の備蓄品として多めにストックし、消費しながら買い足していくローリングストック法。それを知ってから、乾パンとかの食べ慣れていないものを置いておくよりいいなあと思って、意識はしていました。けれどまだ不十分かも。

 

水の備蓄を増やす

500mlのペットボトルをネットで箱買いし、普段少しずつ消費しては買い足しています。この間24本入りを買ったばかり。ですが、必要量は1人1日3リットル×3日分だそうです。結構な量ですね。

 

子どものお菓子の買い置きを多めにする

買い物に行った時、お菓子のストックがまだあるのに子どもが欲しがると、買うのをしぶってしまいます。けれど、いざという時のため、ある程度買い置きしていたほうがいいですね。いつも食べているお菓子があったら子どもは安心しますよね。 

 

食事になるような備蓄品を増やす 

甘いものって保存もきくし、カロリーもあるからそれらを中心に備蓄していました。けれど、そればかりだと栄養が偏るし、味に飽きそう。野菜やタンパク質が多めの食事系をもっとストックしておこうと思いました。缶詰や、レトルトの野菜スープ、魚肉ソーセージ等がいいかも。

 

トイレットペーパー、オムツの買い置きは多めにを心がける

家のすぐ近くにドラッグストアがあるから、トイレットペーパーやオムツをぎりきりになってから買うことがあります。けれど、いざという時のため多めのストックを心がけようと思いました。オムツが足りなくなったら困る!

 

その他備えておきたいこと

家具の固定をする

賃貸だから転倒防止に家具の固定をするのは無理だと思っていました。けれど、調べてみたら突っ張り棒や粘着テープを使った家を傷つけない商品もあるんですね。それから地震の被害を減らすには大きな家具をなるべく置かない、家の中の物を少なくするというのも大事だと思いました。

災害用伝言ダイヤルの使い方を確認しておく

聞いたことはあるけど、番号はうろ覚えでした。使い方をメモして非常用持ち出し袋の中には入れておいたらいいかな。

 

災害時の情報収集に役立つSNSアカウントをフォローしておく

これは上記のサイトに載っていてなるほどと思いました。SNSは情報収集に役立ちそうです。

 

いざという時に少しでも冷静に行動できるよう、普段から備えておくことが大事だなと思いました。